千葉県 我孫子市 不動産 賃貸 興和商事株式会社

千葉県我孫子市 不動産 興和商事株式会社 千葉県知事免許(14)第1936号

千葉県我孫子市 不動産 興和商事株式会社

社長ブログ

社長ブログ

汝みずからを笑え

2008.09.11


先日、土屋賢二さんの「汝みずからを笑え」という本が家にあるのを見つけて、今読み始めているところですが、この本はびっくりするくらい本当におもしろい本です。

土屋さんも書いてられますがこの本を手に取っている人は幸運だ。ということです。読んだ方はご存じだと思いますが、この本のまえがきに書いてある「本の購買意欲は、中身を読まないときが最も高く、1分読む毎に購買意欲は半減し、3分後にはゼロになることが判明した」 また購入者の、最も満足感が高かったのは、まだ読んでいない人であった。このあたりの土屋さんのジョークというかユーモアが、哲学的なにおいがしとても良いのである。私も何か、欲望の命じるままに何かを購入しようと考えたとき、何かを食べようと考えたときが、最も満足感のあるときだったことに気付く、確かである。

それでは競泳の北島康介選手は金メダルを穫ったときよりも、プールに飛び込む前の方に、何か別の満足感があったのだろうか。きっと想像できない大きな満足感があったはずである。それが金メダルを穫ったときには、金メダルを穫ったことについての満足感だけになってしまったのではないだろうか。だから、よく燃え尽きたというようなことにつながるのではないか。うまく言いたいことを表現しにくいのですが。

いずれにせよ、大学受験をする前、就職試験をする前、家を建てる前、結婚をする前、旅行に行く前、そのときが最も満足感がある時であると、本当に思います。だから、ある種欲望の赴くまま行動しなければ、満足の多い人生を送れないということなんだなと思います。土屋さんは一家に十冊と言っているが、我が家の蔵書にこの本が一冊増えました。これからも土屋さんにはもっとがんばってもらいたいです。

土屋賢二氏は私の娘が通っているお茶の水女子大学で大変人気のある教授とのこと。お茶の水女子大学といえば少し前は藤原正彦教授が有名だが、土屋賢二教授に注目したい。

ページの先頭へ